出向が嫌だった私が得た、よかったこと

私は金融系の仕事をしたくて入社した会社で5年働いていましたが、6年目のあるひ突然に出向を命じられました。出向なんて自分には関係ないと思ってましたし、一度も希望したこともなかったので、最初はとても驚きました。全く違うメーカーへ2年間の出向を命じられ、これからの自分のキャリアや人生についてとても不安に感じました。今いる会社では中堅でしたが、出向先では新入りの1年目として、ゼロからのスタートでとても苦労しました。仕事をゼロから覚えなおし、人間関係もゼロから作って、出向先に転職するわけでもないのに、何のためにこんなに頑張っているのか不安でした。

でも2年間の出向を経て、たくさんのものを得ることができました。今まで金融関係で働いていたときは、年功序列やマニュアル重視で柔軟性を身につけられていませんでしたが、出向先は実力主義だったので、年上の人に対してもひるまずプレゼンする力や、柔軟性を身に着けることができました。出向後に自分の会社に戻ったときは、今まで気づけていなかった直すべき課題点や、自分の会社の強みなどに気づくことができました。出向で得ることができた人脈は今も続いています。出向にはネガティブなイメージを持たれがちですが、今では本当に経験できてよかったと思っています。