就職や転職にも有利な行政書士の資格

法律系の国家資格のひとつとして、行政書士があります。業務内容は官公署に提出する申請書の作成や、遺言書など権利義務関係の書類作成があります。
具体的例を挙げると、自動車登録は行政書士の仕事になります。また、最近では終活を行う人も増えてきました。土地の譲渡などの手続きに関わることに対して、相談やコンサルティングをしてくれます。
法律関係の仕事に就くには有利な資格で、独立開業も夢ではありません。また、資格を所持していれば法律関係以外の仕事でも、就職や転職に有利に働きます。
行政書士の資格を取得するには、年に一回実施される行政書士試験に合格しなければいけません。法律の専門用語が出てくるので、決して簡単な試験ではありません。しかし、司法書士など他の法律系資格に比べると、合格しやすい傾向にあります。

仕事の幅を広げるためにも、社会保険労務士などと併せてダブルライセンスを狙う人も多くいます。受験資格に縛りがなく、誰でも挑戦できるメリットもあります。
独学で合格を目指すことも不可能ではありませんが、かなりの労力を必要とします。仕事との両立を可能にするために、通信での講座もあります。講座を利用すれば学習計画を立てやすく、効率的に合格を勝ち取ることができます。