用途に合わせて貸切バスを上手に活用するテクニック

ワゴンタイプの車両から大型の車両まで、貸切バスを運行している会社は様々な車種を取りそろえています。したがって個人や企業など、用途に合わせて気軽にサービスを利用することができます。定員20名程度のマイクロバスは、グループの温泉旅行や法事などの時の移動にも最適です。また路線バスタイプの車両の定員は80名程度であり、学校や工場の送迎にも適しています。

しかしバス会社によって取り扱っているサービスと料金が異なるので、事前に個別に見積もりをする必要があります。一括見積もりサービスを利用すると、複数のバス会社の料金などの比較も容易になります。これまでは自社で送迎用の車両を運行していた企業も、貸切バス会社に委託するとコストを減らすことができます。特に長期契約の場合には料金が割安になるので、アウトソーシングのメリットを強く実感できるようになります。また病院やホテルなどが送迎をバス会社に依頼するときには、ハイグレードな車種を選ぶのが理想的です。観光バス用の高級車両を活用すると、ホテルのイメージアップにも役立つからです。そしてスポットで貸切バスの運行回数を増やせるので、その時々で送迎する人数が変化する場合でも十分に対応できるようになります。