相続はどんな行為であるのかといえば

相続というのは要するに血縁者などが遺した財産を得ることができるものではありますが、当然ですが正の財産しかないわけではないです。つまりは、よくない財産も受け継ぐことになる可能性もあるわけです。相続に関することですが基本的には何と言っても相続人が複数に似た場合にはおおよそその人の関係によって相続できる金額という人が変わってくることになります。

つまりは、妻と子供では受け取ることができる金額というのが違います。より正確にいえば金額というより割合というものであり、半分とか1/4とかそういう割合で受け取るということになります。しかし、正確にそれができるのか、といえばそれができないこともあります。例えば不動産ということもあるでしょう。現金であればきちんと分けられるでしょうが、不動産であるとさすがに正確に分けるということができないのでこの辺りでもめるということも意外と多かったりするのが相続という行為になります。大よそ揉めるときには相続というのは正確にわける事ができない、と言う事であったりします。この相続のときに揉めることをとにかく回避することができるのが遺書です。遺言をしっかりと残しておいて遺留分はクリアするようにしておけば大丈夫です。