キャディはゴルファーを支える陰の立役者

ゴルファーにとって欠かすことのできない存在として知られているのが、何といってもキャディです。ゴルファーにとって必要なバッグだったりクラブだったりを運んでくれるのですから、いるといないとでは大違いです。ゴルフは身一つあれば基本的にはプレイができますが、プレイするためにはゴルフボールを打つためのクラブが必要になってきます。

ドライバー、アイアン、パター、PW、SWといったクラブセットを必要とするのがゴルフですので、クラブを持っていないとゴルフのプレイが満足にできません。そしてその持ち運びをしてくれる人も、もちろん必要不可欠です。

またゴルフはメンタルのスポーツだとよくいわれますが、ゴルファーのメンタルの支えになる場合があるというのも特徴です。もしもミスショットを繰り返していたら否が応でも動揺してしまうものですが、そんな時にキャディから励みになるような言葉をかけられたらメンタル的に持ち直せるかもしれないです。ちょっとした言葉をかけてアドバイスするのもキャディの役割だとされていますので、そんなところでもキャディはゴルファーのために貢献しています。まさに縁の下の力持ちでゴルファーを支える陰の立役者が、キャディなのです。