かかりつけの歯医者は歯の健康を維持していくためのパートナー

歯の健康を長く維持していくことは、とても大事だと思います。そして歯の健康を維持していくのに欠かせないパートナーとなってくれるのが、かかりつけの歯医者です。かかりつけがあると安心できるのは、歯に何か異常があった時すぐに頼れることです。かかりつけなら、歯の状態をすでにある程度把握されています。その安心感は、非常に大きいです。

今から数年前に、急に歯が痛くなって困ったことがありました。夜中に痛みが続き、眠れなくなってしまったのです。痛みが毎夜続くのではないかと恐怖したのですが、かかりつけに行って薬を処方してもらったのでとてもホッとしました。痛み止めの薬をもらっただけでは歯の痛みの根本的な解決にはなりませんが、それでもいざ痛くなった時に痛みをやわらげてくれる痛み止めがあるのとないのとでは、精神的に大違いです。また診察の結果抜歯していない親知らずが原因で痛みを発症したとわかったので、原因を究明できたことにもホッとできたのです。

かかりつけの歯医者があれば、歯に関する悩みを何でも相談できます。かかりつけの歯医者で定期検診を受けていれば歯のトラブルをすぐに発見してもらえますし、身近なところに歯医者があれば間違いなく安心です。