アプリなどのハイテクツールが活用されている最近の建設業

最近の建設業では、ハイテクなツールも積極的に活用しています。つい最近、私は建設の仕事ではスマホが活用されつつあるという話を聞きました。その業界も、ハイテクなツールとは無関係ではないと思った事があります。

例えば水平状況を確認するツールです。そもそも建造物を建てるなら、地面が水平であるかどうかも確認しなければなりません。そのために専門的な機械を使用して、測量している事もあります。
しかし地面が水平かどうかは、実はスマホで簡単に確認できるのです。あるアプリをインストールしておくと、スマホ画面に十字型の画像が表示され、地面が水平かどうかもすぐに分かります。最近の建設の業界では、そのアプリを使用するケースも増えてきているのです。
そうかと思えば、黒板のアプリもあります。建設現場に行きますと、工事名や工種や日付などが書かれた黒板を見かける事もあります。しかしアナログの黒板ですと、雨で文字が消えてしまう可能性があります。
その点アプリの黒板は、確かに便利です。そのアプリを起動させておくと、黒板が映った状態で写真撮影する事もできるのです。雨が降っても文字は消えません。
上述のようなハイテクのアプリは、最近の建設業では積極的に使われているのです。私は最近までは、建設の業界はアナログだと思い込んでいましたが、実際はそうでもない訳です。建設の業界の方々からすると、便利な時代になったのではないでしょうか。