本屋に行ってSEO対策の本を購入した話

SEO対策という言葉を耳にしたことのある人は少なくないと思います。「検索エンジン最適化」を意味する言葉で、自分のサイトを検索結果の上位に表示させるために行うさまざまなテクニックのことを指しています。具体的な方法としてはたとえば、タイトルにキーワードを含める、h1タグにもキーワードを含める、ページ内にキーワードをバランスよく配置する、内部リンクの構成を工夫する、グーグルアナリティクスを導入してページビューの動向を観察するといったものが代表的でしょうか。

さらに突っ込んだテクニックもたくさん存在し、ネットで調べるだけでも多くの情報が手に入ります。私もネットで調べて基本的な知識を得ました。しかしできれば一度書籍でがっつりと勉強し、体系的な知識を獲得したいものです。ということで書店に行ってSEO対策の本を調べてみることに。ここで困ったのは、本の種類が多すぎるということ。どれを買ったらいいのか見当がつきません。内容をざっと見てみるも、素人には同じような内容が書かれているようにしか見えません。とりあえずネット上のSEO対策関連サイトでおすすめされている本に絞り、そのなかから選ぶことにしました。ページをざっと眺めてみて、見やすくてとっつきやすそうな本を探します。それから発売日もチェック。なんとなくですが、この分野はテクニックが古びてしまうペースが早そうなので、なるべく最新のものを買おうとしました。取捨選択の果てに、まずは1冊の本を入手。ここで体系的な知識を得れば、他の本に書かれていることの違いもわかりやすくなるでしょうし、学習は容易になっていくと期待しています。