仕事で行っていた運送会社

私は運送会社のイメージって特になかったんです。何をしているのか漠然としたイメージしかありませんでした。
保険の外交員時代にお客様が運送会社を経営されていました。

その運送会社の事務所に度々お邪魔させていただいたのですが、女社長はハキハキしてカッコいい女性で驚きましたね。運送会社は男性しかいないイメージだったので、私の運送会社に対するイメージが変わったきっかけでした。
敷地が広い事にも驚きましたが、事務所の側にドライバーさんが休憩するスペースも広くあって、仮眠室もありました。
トラックを運転するオジサンは強面男性が多いのですが、みんな話せば優しいし、いろいろ教えてくれるんです。
社長さんは働きやすい職場を目指しているそうで、仕事に困っている人や、事情を抱えた人でも働けるように考えている方でした。
職員への門戸を広げているので、細かな相談や愚痴なども聞いていました。
要所要所に張り紙があって、見てみると「安全運転」とか「スピード注意」などはもちろんですが「思いやりをもって」とか「困った事は何でも言う」「キレイに使えば良い事がある」などと家族のような会社だなと感じました。
社長と社員の距離が近いって良いなと感じる職場でしたね。