年末に久しぶりに東京へ戻りました

tokyo36大学が東京だったので、学生時代はずっとあの大都会に慣れ親しんでいましたが、卒業後は会社に就職し岐阜県勤務となってしまったのでしばらくは遠ざかっていました。仕事が忙しくて戻れていませんでしたが、年末に久々に友人に会いに帰ってきました。友人との待ち合わせ場所は渋谷の飲み屋でした。久しぶりに渋谷の街を歩きました。センター街は年末ということでものすごい人でごった返していて、100m移動するのにも一苦労でした。歩くだけでストレスを感じました。

ずっと岐阜にいたので、その人口密度の格差に驚きました。なぜこんなに人が集まるのでしょうか。岐阜にも飲み屋はあるし、ショッピングセンターも映画館もお洒落カフェもあります。渋谷のブランド力を感じました。

再会した友人は、とても洒落たジャケットを着ていて、髪型も流行りの髪型で、丸の内のできるビジネスマンという風貌でした。都会に染まっているなぁ、と感じました。やっぱり街の雰囲気に合わせるという感覚はあると思います。岐阜にもお洒落な人はいますが、少ないですし、服装も髪型も全体的に地味な印象です。環境の違いは大きいです。そんなこんなで、久しぶりの東京を肌で感じることができました。