介護タクシーは助かります

kaigo-taxi13 主人の母は、要介護度5で施設に入居しています。かかりつけの医師が月に1、2回、往診に来るようですが特に専門医に係る必要がある場合は、介護タクシーを使って病院に行きます。
 普通のタクシーでも、最近は介護士の資格を持ったドライバーがいるようですが、母の場合はストレッチャーに乗せての移動になるので、介護タクシーでないと移動には無理があります。介護タクシーのドライバーは自力で動けない人を扱うのに慣れているので安心して任せることができます。

 今回も病院に行く必要があり、お願いしました。ドライバーは若い男性でしたがてきぱきと、そして危なげなく母を車に乗せ、搬送し、そして病院の入り口でストレッチャーに母を乗せると、診察室までストレッチャーを押してくれました。
 帰りはどうしよう?そう思っていると
「もし帰りも必要でしたらこの番号に電話を掛けてください。駆け付けますから」
 と、一枚の名刺をくれました。結局入院することになったのでその日は介護タクシーは必要なくなりましたが、一応お礼もかねて不要であるとの連絡をしました。
「そうですか、お大事に」
 男性はにこやかな声で言いました。こんな便利なものがなかった時代は大変だったろうなと思います。