特別な時に伺うステーキハウス

steak13少し前に妻と近所のステーキハウスに行きました。その日は私達夫婦にとってはちょっとした記念日で、二人とも元々肉類も好んで食べるので、何か特別な時にはよく利用させてさせていただきます。私たち夫婦は、そんなに量は食べないのですが、隣の方々などはポンド単位で注文をしていたので、思わず圧倒されてしまいました。私たち夫婦も肉自体は好きなので、食べられるのであれば、挑戦はしてみたいねといつも言ってはいますが、結局の所そのサイズは今だにチャレンジできていません。ステーキハウスで食べるステーキは自宅で焼いて食べるものとは、明らかに違い、格段美味しいと感じます。自宅で焼く際との違いは、ソースがまず大きく違い、その店独自の味があり、多少量の多いものを注文しても、無理なく食べる事ができます。

また、焼き加減や焼き方にも違いがあり、同じミディアムでも自宅で食べる物とジューシーさが違います。単純に素材部分の肉も違いますが、それ以上に調理法に工夫があるのではないかと感じています。そして、個人的に一番大きな違いを感じるのが、バターを上手に使用している所です。肉自体の旨味も増しますし、味が優しくまろやかになります。ステーキハウスでステーキを食べる際には、毎回そんな事に感心しながら美味しいステーキを頂いています。