美味しさを損なわないコーヒーのいれ方

コーヒーほんとに美味しいコーヒーであるかどうかは実は覚めてからわかります。そのまま飲んでも再加熱しても、美味しさが残っているのが良いコーヒーです。再加熱するときは湯煎がベストです。サーバーなどを直接火にかけると、日に近いところの温度は高くなりすぎ香りや味が劣化し渋みやエグ味が出てきてしまいます。電子レンジを使う場合も、グラグラと煮立てないように控えめに加熱するように気をつけましょう。本来コーヒーは煎りたて挽きたて淹れたてが一番美味しい状態ですが、来客などに備えて予めたくさん淹れて置かなければいけばい場合もあります。そういう場合は味の劣化を防ぐため保温に気をつけたいものです。保温方法は様々ありますが最も手軽なのは保温ポットに移しておくことです。二時間程度なら、味香りともに良好な状態を保てます。ただし電気で加熱するタイプの保温ポットは避けましょう。コーヒーメーカーの保温器に入れっぱなしにするのも禁物です。