太陽光発電を上手に使う

11最近は、日頃から多くの家庭で太陽光発電のパネルを設置している光景をよく目にするようになりました。
企業や自治体でも太陽光発電に取り組んでいる所が増えているので、全体的に望ましいことだと思います。
太陽光発電を家庭に取り込む上で、こだわりたいのが効率の良い電気の使い方です。
オール電化という触れ込みで1軒まるごと電気で生活するいう戸建てやマンションも現れています。
例えば、エコキュート。
エコキュートはお湯を作る電気温水器の1つですが、従来の物より電気代が1/3で済むと言われています。
他にも、白物家電は数年前より一段と消費電力が少なくて使えます。

このような電化製品を使うことで、太陽光発電で生み出された電力を効率よく使うことが、本来の理想的な使い方だと思うのです。
元々、電気は貯めることができるような性質のものではありません。
これを実現させるためには、築電池設備が必要になってきます。
太陽光発電は天候に左右されますし、夜間は使うことができません。
よって、昼間に効率よく発電された電力を蓄電池に貯めて使うことも、効率の良い使い方と言えるでしょう。
ある都市では、区画毎太陽光発電を取り入れた他に常に発電状況と使用電力をコントロールして効率の高い運用をしています。
せっかくの太陽光発電なので、上手に使いこなすことも地球環境に優しいことにつながってきます。