土木工事作業員の仕事

土木工事私は土木工事作業員として働いています。父が建築業を営んでおりその影響もあって、この仕事に就いたのです。学校を卒業すると迷うことなく父の会社に入り、本格的に働くようになりました。主な仕事は道路や河川の建築などですが、何もないところに新しいものを作り出せるということに楽しみを感じることができます。また自分たちの作り上げたものが目に見えるので、その度に土木工事作業員としてのやりがいを感じることができるのです。

私は重機の免許を持っているので、様々な重機の運転を行うことができます。小さい頃は父がブルトーザーやショベルカーを運転する姿を見ているのが好きで、いつかは自分も大きな特殊車両を運転することができるようになりたいと思っていました。今はその夢がかなってうれしく思っています。災害はないに越したことはありませんが、その復旧工事も行っています。そんな時にありがとうと言われたり、助かったと言われるとやはりうれしくなります。