防犯対策はまず窓ガラスから

ガラス侵入盗が住宅を狙う個所や手口には一定のパターンがあります。侵入手口の代表例は施錠していない戸締まり忘れのほか、錠破りや錠開き、ガラス破りなどです。こうした手口を封じるためには、なによりも窓ガラスなど開口部の防犯対策がかかせません。

1階の窓はよくある侵入経路です。高さのあるコンクリート塀や隣家との境による目隠しのために周囲から見通しが悪い窓ガラスを割って侵入します。また、2階のベランダからも侵入します。塀を足場にして2階のベランダにのぼり、窓ガラスを割って侵入するのです。ベランダには格子ではなく壁が使われており、これにより外部からは見えなくなっているケースが狙われます。また、マンションの最上階のベランダも屋上から降りてくるなどして窓ガラスを割り、侵入するケースもあります。

一枚ガラスはもちろんのこと、網の入ったガラスも破られやすいガラスです。網入りのガラスは防犯が目的ではなく、火災時にガラスが飛び散らないためのものです。防犯にはフィルムやポリカーボネートを挟んだ合わせガラスが効果的です。