大規模リフォームの場合

house (5)

大規模リフォームは、500万円前後からそれ以上の工事です。
大工のほかさまざまな種類の職人が入ります。中規模リフォームに含まれるようなトイレ、洗面、浴室、キッチンなどもいくつか一緒に工事する場合は大規模リフォームになります。
特に、水まわりの全面改修は、築15~20年になる場合が多いので、床下の土台、柱の下部は腐食していると思います。
このような工事には、総合的な判断が必要ですから、リフォームで長い経験のある工務店を選んでください。今まで付き合っている工務店があるなら、同じ工務店に声をかけるのがリフォーム成功の秘訣です。
少しでも気に入らないところがあると、「あの工務店はダメだ」と決め付ける人もいますが、リフォームは新築より難しいものです。リフォームは、既存部分との兼ね合いがあるので、満点ということはありません。
満点ではないからと、次から次へと新しい業者にかえるのは、決して賢明な方法ではありません。心ある工務店は、消費者の満足が得られなければ、負い目を感じるものです。消費者としては、正直に不満な理由を告げ、それでも再度「あなたに任せますよ」と言ってみてください。
信頼関係が増して、きっとリフォームの成功につながるはずです。