猫の巣作りテクニック

猫猫って家の中でも自分の居場所を作りますよね。野性時代の猫は、樹の根元にある穴などに潜り込んで、巣にしていたのだと考えられています。
狭いところを見ると潜り込まずにいられない習性はその習慣の名残だと考えられます。野性味の強いは潜り込むテクニックの上手です。きちんと敷いた布団の中にでも拾の上手にもぐりこんでしまいます。まず鼻先を突っ込んで、小さな隙間を作りできた隙間に頭をツッコミぐっと上に持ち上げてさらに隙間を大きくします。もっと奥に入りたければ更にまた鼻先を突っ込みます。頭を上げてこれを繰り返しながらどんどんの区へと進み、適当な場所まで行ったらぐるぐると回って寝場所を固め丸くなって寝始めます。
セーター等人が着ている服の中に潜り込むのが好きな猫もいます。遠い昔の巣穴の感覚に似ているのかもしれません。潜ると理由もなく安心して寝てしまうところかtらも巣穴を思い出していることは確かです。箱や狭い隙間にはいる猫の習性は可愛い特徴の一つですね。