商品やお客様の安全を守るユニフォーム

uniform (29)製造の現場では、そこでつくられる「商品の安全を守る」ことが最優先事項です。
中でも、食品工場における衛生管理は商品の安全管理の最たるものでしょう。食の安全に対する関心が高まるなか、社員教育の徹底はもちろん、HACCP(危害分析重要管理点方式)のような衛生管理システム、機器・設備の導入など、ソフトとハード両面からのさまざまな対策がとられています。
同様に、対人サービス業では「お客様の安全を守る」ことが最優先されます。特に、人の命を左右する可能性さえある医療・福祉関連の現場では、安全確保のために二重三重の対策がとられています。
対商品、対人の安全を守るためには、「ユニフォームを見直す」ことは、手軽でありながら、欸実に効果が期待できる安全対策です。
「ユニフォームを見直す」といっても、抗菌や無塵、制電など、さまざまな機能を備えたハイテク素材を取り入れてユニフォームを高機能化することばかりを指すのではありません。もちろんそういった対策も必要ですが、すぐにでもできる小さなマイナーチェンジを重ねることで、もたらされる効果も大きいのです。