整備の技 エコな時代だからこそローテーションの復活

整備整備の際に実際にタイヤを交換をするとなったら、4輪すべてを交換してください。
タイヤはどうしても前輪が先に減るので(多くのクルマが前輪駆動のため)、最近では整備の際に前だけ替える人も増えてきています。見ると明らかに前輪のタイヤが減っているので、仕
方のないことかもしれません。
しかし、これを防ぐ手だてはあります。
みなさんも一度は聞いたことがあるはずです。いわゆるタイヤの「ローテーション」と
いうやつです。これは整備をするときに前後のタイヤを入れ換える作業のことです。
以前は休日にお父さんと息子が、ローテーションをしている風景をよく見かけたもので
す。磨り減ってきた前輪とまだ十分に柔らかさの残っている後輪を交換し、タイヤを均一
に効率よく使う工夫というのは、このエコな時代にこそふさわしいと思うのです。
ローテーションを行う際は、前のタイヤの溝が完全に減ってしまってからではなく、や
や減ってきたなと思ったときに行ってください。
整備でローテーションを行う目安は、1万~1万5千キロくらいでしょう。自分でやるのは面
倒だという人は、スタンドでローテーションを頼むことも可能です。